血流をよくし冷え・むくみ・こりのない体になる🎵巡る足裏美人。セルフケアリフレクソロジーサロン※ Rion※りおん

セルフリフレクソロジストが提案するリフレクソロジー(痛くない足つぼ)のセルフケア方法で、1日3分続けると…小さな悩みはどこへやら。足裏まで綺麗に❤️知って損はないですよ👍

足裏って綺麗に洗ってますか?間単に済ませてますか?

1日10分のセルフケアで産後ママの不調を改善!

 

セルフリフレクソロジストの菊池晴美です

 

 

早速ですがみなさんは足ちゃんと洗ってますか?

顔や髪はきちんと洗いますよね。

同じように足はどうですか?

 

体を洗うついでにちゃちゃっと済ませていませんか?

 

足は毎日いろんなところへ運んでくれてたくさん働いてくれています。

1日の終わりには綺麗に洗ってケアしましょう。

 

f:id:reflexology-rion:20180731121913j:plain

まず汚れと角質を取って綺麗に洗います。

 

まず角質ケアですが、角質がある場合は乾燥しているときに行ってください。

お風呂に入る前にやすりで一定方向にやさしくこすりましょう。

同じ場所は10回を目安にします。

 

入浴してふやけた状態だと角質を取りすぎてしまいかえって角質が厚くなります。

 

入浴時には石鹸で綺麗に指の間も洗いましょう。

入浴時に角質ケアするならやわらかい軽石やスクラブで優しく洗います。

 

お風呂から上がったら足裏にもクリームを塗りましょう。

水分のあるうちにクリームでふたをするように塗るのがお勧めです。

 

塗り終わったらリフレクソロジーの時間です♪

 

昼間に足が冷える場合は足浴(足湯)がお勧めです。

リフレクソロジーをやる前に行うと、改善のスピードが違います!

 

10分でいいのでやってみてください。

血液やリンパの流れを促進し、体の疲れやむくみ、冷えなどにも効果があります。

 

f:id:reflexology-rion:20180731121943j:plain

足浴(足湯)のやり方

効果的な足浴は、15ℓくらいはいる大きなバケツを用意(100円ショップで用意しても)。

ここに8ℓくらいのお湯をいれ、ひざ下10センチくらいまでつかるようにして10分足浴しましょう。

適温は38、39℃を目安にしてください。

冬なら41、42℃がいいと思います。

 

ここに製油をプラスするとより効果的です。

エタノール重曹に加えてから使うといいです。

疲労回復にはゼラニウム3滴+ラベンダー2滴

むくみにはサイプレス2滴+グレープフルーツ3滴を入れてみてください。

お風呂に入る時に重曹に加えてから入れても!!

その時小さなお子様が入った後に行ったほうが安心です。

 

足浴や、角質ケアは週1程度で大丈夫です。

足裏ケアの効果を高めて不調を改善していきましょう。

 

 

普段感じる小さな不調を改善し、明るい未来を創れるのがセルフリフレクソロジーなのです。
産後ママの不調が改善すると…赤ちゃんとの毎日も笑顔が溢れ、パパとも笑顔になり会話も増えていくのです。

産後ママに明るい未来を創ることでそのご家族だけでなく周りの方々皆さんが笑顔になり、明るい世界になっていくのです。
 そんな世界を創っていきたいのです。